さいころトーク

精神科病院で働く臨床心理士、自称サイコロのお姉さんです。日々の臨床で感じたことや、大好きなサッカー、音楽についてあれこれ綴っていきます。

いつもと変わりない日

もう昨日のことになっちゃいますけど、
おかげさまでまた一つ歳をとりました。

もう数えるのがメンドーな歳ではありますが、
無事にこの日を迎えられたことがありがたいですね!

去年は念願のAnfield観戦も実現したことだし、
これから1年、また次の夢をかなえるべく頑張っていきたいです。

またお祝いメッセージをくださったみなさん、
ありがとうございました。

誕生日はいつもと変わりなく、プレゼンの準備に追われて
バタバタと過ぎていきました。
またしても締め切りギリギリ…

もういい歳なんだから、
そろそろケツ火体質は卒業しないとね~。


そして今日、11月29日はもとBeatles、
George Harrisonの命日です。

Beatlesのなかでは遅咲きだったGeorge、
私にとっては最初のロック・アイドルだったんですよね~。

JohnとPaulという巨大な天才の影に隠れがちだったけど
しっかり自分の世界を開花させたGeorge に惹かれました。
これも理屈を超えた愛の一つかな~。

画像を探してみたら、こんなに若々しい姿を見つけました!
ハンブルグでライブをやっていた頃のショットです。
ひょっとしてまだティーンエイジャーか?

どことなくベナユンに似てると思うのは
私だけでしょうか?

来年ELの決勝にいけたら、ハンブルグまで
飛んでいっちゃうかも知れない!
初ドイツだし♪

ジョージ@ハンブルグ

スポンサーサイト
別窓 | お仕事 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

申し訳ない

申し訳ない…。

そういって、号泣する患者さんの傍らで、

私のほうこそ、いたたまれない気持ちになった。

当たり前のように、Liverpoolの成績に一喜一憂して、

当たり前のように、仲間と愚痴りあって、

当たり前のように、Anfieldに足を運んで、

夢中になれるものがあること、

好きな時に好きな場所へいけること、

夢をかなえることができること、

それがどんなにシアワセで恵まれていることなのかを

忘れていた。

大事なことを忘れていた。

あなたがずっとずっと苦しんで、

どれだけ寂しくて、どれだけ助けを求めていたか

しっかりわかってあげられなかった。

恥じなければいけないのは、私だった。

どうか泣かないで、自分を責めないでほしい。

あなたは誰にも迷惑なんかかけていない。

あなたが誰よりもまっすぐで、きれいな心を持っていることは

みんなわかっているのだから。

どうか心を落ち着けて、いまはゆっくり休んでほしいと

心から願っている。

147.jpg



別窓 | お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

サポーターの心理とは…その1

今日はもうお布団にいくべき時間なんですが、
ちょっと止められなくなってきたので、
書けるところまで書きますね。

いろんな人の日記でサポーターとは?
なぜりばさぽになったのか?みたいな話題が続いているので、
それを意識しながら書いています。

つくづくサポーターとはしんどいものだと思ってます。

サッカーを観ない人から、
ストレス解消になっていいわね~
なんて言われたことがありました。

全然違~う!現実は全く逆です!

こんなにストレスのかかることを続けるのは、仕事以外ではあり得ません!

もちろん、楽しく夢を見せてもらい、元気の源になっている部分も
ありますが、それ以上にツラいコトも多い!

負ければ凹む。負け続ければさらにドツボです。
他チームのサポやメディアに揶揄され、批判にさらされ、
不愉快な煽り記事を見せつけられます。

ヘタすれば監督解任、チームは再編を余儀なくされて、
応援していた選手ともお別れ…という最悪の事態もあり得る!

チームの調子がいいときは、私たちも元気をもらえて、
メディアでも持ち上げられて、応援のしがいもあるけど、
ドツボループにはまっているときは、

ナンで好き好んでこんなコトに関わってしまったのか?

という気持ちにもなります。

サポーター稼業は、喪失体験の繰り返しでもある。

負けることがまず、『強いチーム』のイメージを喪失するわけだし、
監督や選手が移籍してしまえは、これまで築いてきた信頼や愛着関係を
イキナリ断ち切られることになります。
これも大きな喪失ですよね。

新しい選手の獲得が上手く行って、喪失を上回るプラスが得られればいいけど、
なかなかそうは上手く行かない。
今のリバプールは残念ながらアロンソの抜けた喪失感が埋まらないまま、
全てがギクシャクしているように見えます。

でも、選手はアロンソの不在をカバーしようと頑張っているし、
昨日はマスッチがアロンソばりのパスを通すシーンもありました。

誰かが抜けた穴は、カンタンには埋まらないけど、
いつかは傷口をふさぐように、うまくカバーしていく力、
一種のホメオスタシスが働くような気がします。
いつまでも同じ状態が続くわけでもない。
ケガ人が回復して、またピッチに戻ってくれば、
今の状況を変える地力は充分あると思う。

サポーターはそういう希望を捨ててはいけないのよね~。

とかく、イイコトばかりじゃないのがサポ稼業。
チームの状況によっちゃ凹んだりイライラさせられてしまうし、
喪失体験が続けば、それこそうつ状態にもなりそう。

全然サッカーに関心ない人にすれば、なんでそこまでするのか…と
呆れられるでしょう。でもそれでも敢えて続けるのがサポーターなんです。

サポーターにとって、チームは自分の一部になっている。
生活の一部というより、アイデンティティのー部です。

出会いかたやキッカケはどうであれ、一度でもサポーターとして関わったら
そのチームに自分の夢や願望や理想を託していると思うのです。
そうして気持ちを込めて応援したチームは、自分自身の一部ですから、
そう簡単に切り離したり、ココロ変わりしたりはできないと思うのです。

何がサポーターとチームの出会いを決めるのか。
私は数あるクラブのなかで、なぜリバプールだったのかを考えました。
リバプールにラファとアロンソ、ルイガルが来たからとか、
逆境に強いチームスピリットに惹かれたとか、
アンフィールドの素晴らしさに惹かれたとか、
色々説明は出来るけど、それは後から考えた理屈。
試合をみたときに『このチームだ!』っていうのが
降ってきたとしか言い様がないのです。
とすると、刷り込み、一目惚れってことになるのかなぁ。

もう5年も付き合って、天国も地獄(はまだか…?)も観ましたからね。
このまま生涯のクラブになるのは間違いないでしょう…。




別窓 | リバプール | コメント:8 | トラックバック:0
∧top | under∨

プレミア・パーティのお知らせ!

ジェラトーレス@リーボック

プレミアリーグナイト・アフターパーティのお知らせ!

NHKBSの番組『熱中夜話~プレミア特集』
収録をきっかけに集まったプレミアリーグファンの仲間たちが、
クラブの枠を超えてファン同士の交流を広げ、語り合う場を作ろう!
ということから始まったパーティです。

4回目の今回、12月の忘年会シーズンということもあって、
まだ参加枠に余裕があるようです。
まだ迷っている方、周りにプレミアファンがいなくて
寂しい思いをしている方、この際思い切って参加してみませんか?
運営スタッフの方たちも楽しい企画を考えてくれているようなので、
充実した語らいの時を過ごせると思います。

プレミアリーグファンの方、ちょっとでも興味のある方、
ぜひ一度参加してみてください。

以下は、mixiのコミュからのイベント告知のコピペです。
連絡は直接PLN アフターパーティのコミュに参加していただくか
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4344599
下のgmailのアドレスに連絡してみてください。

また、この記事に鍵つきでコメントいただいても結構です。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

プレミアリーグナイト・アフターパーティ vol.4 開催決定

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

プレミアリーグファンの集い!!第4回PLNアフターパーティ開催決定!!

プレミアリーグ、イングリッシュフットボールについて皆で語り合いませんか?
第3回は、当初の予想を上回る60人ものプレミアリーグファンが集結!!
大盛況で予想以上の反響をいただきまして、本当に心から感謝しております。

「楽しかった!」「また開催してほしい」「今後も交流の場を作ってほしい」
とのリクエストを頂き、調整を重ねた結果

第4回を開催の開催決定に至りました!!

☆★☆プレミアリーグナイト・アフターパーティ vol.4☆★☆
【日にち】12月5日(土)
【場所】FooTNiK 大崎店
【時間】19:00~21:00 (希望者は2次会も) ※1
【料金】学生:4,000円 社会人:5,000円(前回同様、口座振込制) ※2
【食事】飲み放題(お酒の種類に制限あり。)+軽食 ※3
【定員、参加表明期限】先着80名まで!!11月21日まで!!

■パーティ内容
・スタンディングで飲み物片手にトーク!!がベース
・トークセッションなど、企画も充実
・来場は是非ユニフォーム着用で!!
・つまり、フリートークを楽しもう!友達を見つけ、交流を深めよう!の会

■プレミアリーグという共通の話題があるから…
・初対面でもすぐに仲間と打ち解けられる!
・話題は尽きない!
・その場限りでない“本当の友達”を見つけられる!!

■初めてだし、ひとりで参加するのは不安…
・過去、mixiからの参加者多数!!
・スタッフが場を円滑に回すよう努めています!
・企画もあるので、談議に花を咲かせられます♪

■どんな話題で話したらいいの??
・プレミアリーグ、フットボールの魅力!
・今シーズンここまでを振り返る!レノンの切れはいつまで続く?
・あの選手が好きだった!!ロラン・ロベールのFKは最高だった!!
・現地、行ったことありますか??どうやってチケットとりました??

■こんな人は、是非参加を!!
・今まで周りにプレミアリーグを語れる人がいなかった方
・観戦仲間、同じチームサポーターと仲良くなりたいという方
・違うチームのサポーターとも交流を持ちたいという方
・サッカーを職に、働いている方とぜひお話してみたいという方

参加表明してくださる方、参加を考えている方、悩んでいてわからないことを
質問したい方などなど少しでも興味ありましたら、下記のメールアドレスまで
ご連絡ください♪ (当トピックのコメント欄にもコメントいただけると嬉しいです☆)
(メール送信の際にはこちらのフォーマットをコピーし、記入をお願いいたします)

受付メールアドレス:pln.after.party@gmail.com

名前【  】   年齢【  】   性別【  】
サポートしているクラブ【  】  社会人or学生【  】

運営スタッフ一同、一人でも多くのプレミアリーグファンの方と出会えるよう、
心より願っています。是非是非、おこしを!!皆様のご参加、お待ちしています!!

※1…2次会は任意。パーティ終了後、同店にて行います♪会費なし。注文等はセルフで!
※2…80人もの人が一堂に会するパーティ運営の都合上、当日集金は効率面、安全面に
おいて不適合のため、口座振込制へのご理解をお願いしております。
不安のある方は、メールにてお問い合わせください。支払期限は11月28日。
※3…料理内容は前回と異なる場合がありますが、ご了承ください


別窓 | リバプール | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

明けない夜はない!!

シュクゴール


やっと連休だ~!
普段はナカナカ続けて休めないので、
日、祝続きはありがたいです♪
やっとペースダウンして、家の中を片付けたりして
まったり過ごせています。

週末は良いコトと残念なコトが重なりました。

良いコトのほうは、2年前入院してた患者さんが、
元気な姿を見せてくれたことです。

初めて会ったときはもう、ヨレヨレの限界状態、
すぐさま入院が必要という判断になったのでした。

その後暫くはウツウツモードから脱出できず、
一体この人が良くなることはあるんだろうか…?
と気をもんだものでした。

しかし、長い冬が過ぎて雪が解けるかのように、
少しずつ、ホントに少しずつ、良くなっていったのです。
ゆっくりだけど、確実に良くなっていきました。
かつては面接に来れず、フトンを被って、

死んでしまいたい~!

なんて言っていたのがウソみたいです。

ここまで良くなれたのは先生を始め、みなさんのお蔭、
ホントに有難いと思います!


と見違えるようにイキイキした顔で話してくれました。

まぁ、回復できたのは色々なコトが上手くかみ合って
良い方向に運んだのもありました。

家族のサポートもよかったし、職場も理解があった。
主治医ともいい具合にウマが合っていました。

何よりこの人本来のチカラや素直なキャラが、
状況をいい方向に変えたのでは?と思います。

この人を信じて関わってきて良かった!と思ったのでした。

そして残念なことは…ハイ、もうお分かりですね!
またしてもホームで勝ち星を逃してしまいました…

しかも、流血事件と負傷退場のおまけつき。

いつかの泣きっ面に蜂サイクルの、再現です(泣)。


代表戦ウィークででひと息ついて、さぁ今日から仕切り直しだぁ~!
と、選手も監督も気合いを入れてたでしょう。

私も最近は試合に集中できなかっただけに、
この日は久々に気合いを入れて応援しましたよ。
FootNikにまで行って!

お店はサポータークラブのメンバーのほかにも、
ファンらしきお客がたくさん集って、雰囲気を盛り上げていました。
開始直前はマフラーを掲げてユルネバを歌い、
気分はまさにアンフィールド!

ああそれなのに…
またしても…な結果です。
負けずに終わてマシだったと思ったくらい。

まずイキナリあっちゃんが流血事件で交代、
その数分後、今度はタックルで交錯したバベルまで
負傷退場です!

ここまで見て、もう勝ち負けはいいから、
ともかく無事に終わってほしいと思ってしまいました。

前半はそれでもシチーの緩い攻めに助けられましたが、
テベっさんが入ってからは、見違えるように掻き回してくれましたね…。

かつては赤い壁といわれたディフェンスがウソのようだし、
攻撃陣にも今ひとつ怖さが感じられない。

それでも、マスッチはひらめきのあるパスを通していたし、
本来のキレが戻ってないのに、気迫のゴールを決めてくれたベナユン、
まさに土壇場の神様でした!

気になったのは、出ずっぱりのカイトがイマイチだったこと。
ケガ人続出の影響で、負担がかかってるのでは?
まだまだ危なっかしい状態は続きそうですね。

でも、私はかえって開き直りましたよ。

これが現状なら、受け入れて、ここから始めるしかない。
もう、良かろうが悪かろうが、トコトン付き合おうじゃないの!

ウツの波がいずれは去って、浮上のときが来るように、
長い夜もいつか明けて、朝の光が戻ってくるように、
いつかは必ず、このトンネルを抜け出すときが来ると
信じています!

あっちゃん負傷!

早く戻ってきておくれ~!
別窓 | リバプール | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

ドイツ代表GKの死を悼んで

プレゼンの資料作成とかでバタバタしてて、
土曜日の代表戦もロクにチェック出来ず、
BBCのサイトを眺めていたのですが…
思いがけないニュースが目に留まりました。

ハノーヴァー96所属のドイツ代表GK,
Robert Enkeの突然の訃報です…!
エンケの訃報

私はあまりフォローしていなかった選手ですが、
突然の悲報にショックを受けている人も多いと思います。
ドイツは親善試合を中止したそうですが、
苦楽を共にしてきたチームメイトを失った同僚、
関係者のショックは計り知れないでしょう。
もちろんご家族の心中は言うに及ばずですが…。

ハノーヴァーの前にはバルサ、テネリフェ、
フェネルバフチェでもプレーしていました。

私がリーガを観ていた頃のバルサに所属していたのに
どうも記憶がないな~と思ったら、干されていたんですね…。

フェネルでも敗戦後にサポーターにボトルを投げつけられ、
クラブを退団、精神科治療を受けるようになったとか。

2006年には2歳の娘さんを心臓病疾患で亡くすなど、
ただでさえプレッシャーのかかる選手生活のうえに、
うつ病発症、さらに追い討ちをかける出来事が重なったようです。

一度は快方に向かい、代表にも選出されていたのに
何が彼を追い詰めてしまったのでしょう。

エンケ夫妻は女の子を養子に迎えていたのですが、
彼のうつ病が公になってしまったら、
子どもを引き離されてしまうのでは…と
恐れていたそうです。

世間から、いや世界中から注目を集め、
期待とプレッシャーにさらされる立場だけに、
もしうつだと知れてしまったら、全てを失ってしまうかも知れない。
苦しい状況にありながら、それを打ち明けることができない
想像を絶する苦悩だったと思います。

もしも彼が納得して、治療を受け入れていたら、
結末は違っていたかも知れない。
サッカーを愛するものとして、悲しくて、悔しくて、
惜しまれてなりません。

Robert Enkeのご冥福をお祈りします。

Enkeをしのんで

別窓 | その他のリーグ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ついにオハチが回ってきた!

く、ぐるしい~~!

年末まで、入っている予定は研修会ばかり!
さすがに息苦しくなってきました。

今月は17日、28日、29日、来月は5日に19日に26日、
ヘタしたら12月23日も…(((゜д゜;)))。

12月の土曜祝日は殆ど研修じゃん…。
うっかり忘れそうで心配です。

ウンザリしそうだけど、私の2倍も3倍も頑張っている人は
ざらにいるので、へこたれている場合ではない。
この職種につきまとう宿命と思ってやるしかないです。

今月、ちょっとした会場で
プレゼンテーション
をすることになりました…!

400人くらい入るホールらしい。
どひゃ~!!
でもメインはベテランの先生なので、
私は引き立て役です。

とはいえ、かなりアガリ症なので今から緊張してます。
今まで人前で喋る役を極力避けてきたのに、
遂にお鉢が回ってきちゃった…(^_^;)
もう色々な役回りから逃げられない立場なんですね~。

ちょっと遅いデビュー戦、ドキドキものですが、
自分の勉強と患者さんのためと思って、何とか頑張ります!

適切な治療や支援を受けられず、
人知れず悩んでいる患者さんたちのためにも、

この機会を活かさなければ…。


それにしても、もうちょっと楽しい予定を増やしたいもんだ…。

月間優秀賞!
別窓 | お仕事 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

Spitz JAMBOREE TOUR 2009 DVD

スピッツDVD

ついに買っちゃいました!

1月にさいたまスーパーアリーナで行われた
スピッツ さざなみツアーのライブDVDです。
ちょうど収録日に私も観に行っていたのでした。
あれからもう10か月経つなんて。
1年なんてあっちゅう間ですね。

DVD2枚とボーナスCD(本編の内容と同じ)、
30ページの写真集がセットになったお買い得な内容。

アルバム『漣』の曲が中心ですが、初期の『恋のうた』『ハニーハニー』や
定番の『ロビンソン』『チェリー』『スパイダー』『渚』
実は硬派な『トンガリ95』『俺のすべて』『8823』なども収録されていて、
スピッツ20年の活動の集大成といえそうです。

ロビンソンからもう14年と紹介されていましたが、
年月を経ても、彼らの音楽のコアなところ
やわらかで、しなやかな部分と、びっくりするほど尖った部分が
共存しているところは、変わってないなあ~と思いました。

ゆっくりDVDを観ている時間はないのですが、CDはさっそく
i-podに取り込んで、痛勤のお伴に聴けそうです。
楽しみ♪

下の宿題を片付けるためにも、エネルギーを注入しないと…。

スキーマ療法

F先生からぜひ読んでみてと勧められた
スキーマ療法。

隙間産業的な私たちの仕事を象徴するような
ネーミングだなあと思ったりして。
別窓 | 音楽 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

おかげさまで3年経過

ドイツ・ワールドカップで世間が湧いていた2006年は、
私にとって大きな転機、いや危機の年でした。

放置したら命にかかわる病気と言われて、
私自身が崖っぷちに追い詰められたのです。

それから7ヶ月、外来で治療を受けたのですが、
これがまたトンでもなく『強力な治療法』だったため、
心身ともにヘロヘロになってしまいました。

今のりばぽのようなポンコツの状態でしたが、
気合いと治りたい一心で何とか乗り切りました。

その後手術を受け、別の強力な治療を25回もやったりして、
どうにか休戦に持ち込むことができたのです。

いま私の敵はなりを潜めていますが、いつまた
勢いを盛り返してこないとも限りません。
なにせ、レアルのように攻め手を知っていて、チェルのように強靭で、
マンユーのように容赦ない敵です。

この先も崖っぷちではないにしろ、険しい尾根道を歩いていく
ことになるのだと思います。

でもきっと、その道のところどころには、
心安らぐ風景や、ワクワク、ドキドキする出会いもあると
信じています!

生きてる限りは、新しい経験への関心とトキメキを
持ち続けたいですからね~!

それに、日頃は患者さんを支える立場のワタシが、
支えを必要とする立場を経験したことも、
大きな意味があったのだと思います。

それは自分自身の存在にかかわる危機だったし、
アイデンティティーを突き詰められる厳しい経験でした。
ある意味、終わりのない危機といえるかも。

それでも、こういう仕事を続けていく以上は、
誰もが問い直していくべきテーマなのでしょう。

自分に出来ることは何なのか?

何が患者さんの役に立つことなのか?

病むとは?
健康とは、どういうことなのか?

そもそもこの両者は、はっきり分けられるものなのか?

病とともに生きることが難しい社会って、そもそも健全といえるのか?

ひとは何のために生きていくのか?

ちょっと重たいテーマだけど、医療と援助に関わる限り、
避けて通ることは出来ないのです。

勿論、いつも自問自答してる訳じゃないけど、
たまに真剣に考えるキッカケにはなったかな~。

と、少しマジメな術後3年の今日この頃なのです。

街はすっかりクリスマス仕様。
平穏な年末を迎えたいものです~。

でも、シーズンの佳境はこれからなのだ!

パルコのクリスマスツリー2

別窓 | 健康 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

なぜLiverpoolなのか?

先週はひじょーにツライ一週間でした。

AwayのFulham戦の敗戦に続いて、Lyon戦でも引き分け。
自力でのGL突破が厳しくなるなんて、誰が予想したでしょうか。

今まではリーグ戦がぱっとしなくても、CLでは勝負強さを発揮
できていた。
先シーズンはFAカップとCLとを諦めても、リーグ優勝に望みを
つなぐことができた。
でも今シーズン、いくら逆境に強いチームとはいえ、
さすがに楽観できなくなってきた。

サポ仲間のブログや日記を見ても、こんなに不調が続いて、
不安にさせられたことはなかった…みたいなコメントが多かった。
私も激しくうなづいてしまった。

でも多分、10年以上りばぽを応援しているサポさんにとっては
たかだかこの程度の不調は、不調のうちに入らない、と
思うのかも知れません。
もっともっとキビシイシーズンを見てきているでしょうから。

CL出場が当然になり、優勝の期待がかかるようになったのは
ごく最近のことなんだから、といわれるサポさんもいます。

そう、サポーターを名乗る以上は、この程度のことで
音を上げたらいかんのでしょうね~。

とはいえ、自分が好きになったりばぽは、
打たれ強くて、逆境をものともせずに跳ね返す、
スポ根チーム…というイメージだったので、
そのイメージが崩れつつあるのに困惑しているのも事実です。

最近、何人かのマイミクの間で
なぜ自分はLiverpoolを選んだのか?という話題が出ていて、
『Liverpoolの親鳥の刷り込み説』みたいな意見も出ていて
なかなか面白かったのですが。

あまたあるクラブの中から、マンユーでもガナーズでも
ましてやおチェルでもなく、
あえてLiverpoolを選んだのはナゼなのか。

それは、たまたま最初に出会ったのがLiverpoolだったとか、
偶然に左右された要素もあるかもしれないけど、
やはり必然性があったように思うのね。

強いチームを応援したいならマンユーでもチェルでもいいんだし、
美しく攻めるFootballが見たいならガナーズを応援すればいい。

でもなぜLiverpoolなの?
リーグ優勝もしていない、必ずスランプがあってどこか危なっかしい、
スタジアムを建てたりスーパースターを買うお金もない…。
そんな苦しい状況でも頑張っているチームだからこそ、
応援したくなるのではないかな?

私の場合はまさにそうで、
『土壇場でも諦めない』『逆境に強いチーム』に、
自分の理想というか、ありたい姿を重ねていたんだと思います。
自分自身が理想とするものを、体現してくれる存在、
それがLiverpoolなんだと思います。

だから、最近の打たれ弱い姿を直視できず、
現実(仕事)に逃避しているのも事実なんですが…。

だからといって、Liverpoolを見捨てて、他のクラブに
鞍替えしようなんてことは、露ほどにも思いません!
やっぱり苦楽を共に過ごしてきたチームは、
自分のアイデンティティの一部であり、
もはや切り離せない存在になっているのです。

自分の一部が批判されたり、責められたりしたら
凹むのは当然なこと。
先週というより、先月からずっと低調で、気分もパッとせず、
夜も眠れず、イライラして御菓子をバリバリ…。
これって一種のウツ状態ですね~。

新しいウツのカテゴリーかな。

『サポーターうつ病』(苦笑)

ゆるねば

別窓 | リバプール | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

第845回「肉じゃがといえば・・牛肉?豚肉?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です。今日のテーマは「肉じゃがといえば・・牛肉?豚肉?」です!基本的に、関東は豚、関西は牛をよく食するといいますが、あなたのお家の肉じゃがは豚肉ですか?牛肉ですか?本田の家は、生粋の大阪人家系で、牛肉以外の肉じゃがは大人になってから存在を知りました!最初は驚きでしたが、...
FC2 トラックバックテーマ:「肉じゃがといえば・・牛肉?豚肉?」



肉じゃが

今晩は久々に肉じゃがを作りました。
お肉は豚を使っています。

実家に居た頃は、牛肉を使ってたこともありました。
でも1人暮らしで家計逼迫の今日この頃、
そうもいってられなくなりまして。

今日はお味噌を足してみたので、
ちょっと柔らかい味になりました。
豚でも充分美味しくいただけましたよ~!
別窓 | おいしいもの | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

危機?転機?

まずはお詫び。

先月から本業が忙しくなり、すっかりご無沙汰して
スミマセンでした~m(_ _)m。


で、以下はちょっと長めの、堅い話題です。
Football話とは関係ないので、興味のない方は
スルーしてください。


学会にゼミのケース発表など、イベントもあったのですが、
調子を崩す患者さんが何人も居て、神経を遣いました。

なかには入院の話が出た人もいて、ちょっとバタバタ…。

この患者さんは、私が駆け出しの頃から関わっている人で、
精神科の病の難しさや、
病を抱えて生きる方の脆さと逞しさを、
身を持って教えてくれた人です。

退院して2年、不安と闘いながら、認知症が始まりつつある
お母さんの面倒をみて頑張ってきたのですが、ここへきて、
不安に呑み込まれそうになる日々が続いていました。

病気を抱えながら、お母さんの通院、検査の付き添いや、
日々の家事をこなすのは、
大変だったと思います。
辛い症状があまりにも長引いて、まさに危機的状況だったため、
思い切って『より強力な治療』を試してみよう、と主治医が
提案したのでした。

ところが…!
入院と、より強力な治療といわれたのがショックだったのか、
徐々に症状が収まってきたのです!
先週までは非常に辛そうで、家にいても身の置き所がない感じだったのに、
一体なぜ?

『強力な治療』というコトバのインパクトが、本人の自己治癒力というか、
自分で何とかしなきゃ、という意思を引き出したのでしょうか?

とりあえず外来通院をすることに落ち着き、関係者一同ホッと
一安心したのでした。

危機が良いほうに転んでくれてよかった…。

多くの患者さんに共通していることですが、長く病気を抱えていると、
どうしても先行きの不安が募ったり、自分に自信が持てなくなったりして、
希望を見失いがちです。

一度この慢性病のエアポケットに陥ると、なかなか脱け出すことが
難しくなります。
中には一発逆転で打開のキッカケを掴もうとして、
無理をしてしまう人も…。
気持ちは分からないでもないですが、焦りから余計に
調子を崩すこともあります。

でも、この人のように
危機的状況が一つの転機に変わる可能性もある。
どっちの目が出るかは賭けでもありますが…。

精神科の臨床は一筋縄ではいかないんですね~。

私も、打開のためのヒントを見つけたくて、
地道に研修会やワークショップ、ゼミに参加したりしています。
先月末には久しぶりにケース検討会の担当に。
当日までレジュメの準備をしていたら、
急に新患さんが入ったものだから時間かなくなり、
ヒヤ汗ものでした。

ケツ火体質は相変わらずです…(滝汗)。

夕方から風雨が強まるなか、何でこんな夜に私が担当なんたろ~?と
ぼやきながら、重い足取りで会場に向かいました。

でも、結果的には思い切って出してみて大正解でした!
第三者の視点で見てもらえると、手詰まりな状況にも
いろんな可能性の芽が見えてくるのです!
ホントにありがたかった!

特定の理論に囚われない、割とおおらかな勉強会ですが、
やっぱり持ち札をオープンにするのは勇気がいるし、緊張もしました。

でも、先生やメンバーから温かい励ましと貴重なアドバイスを頂き、
栄養分をわけてもらえた感じでホッとしました。

煮詰まっていたところへ新たなダシを入れて貰えて、また頑張れそうです~

そして月末に参加した講演会も、なかなか聴き応えのある内容でした。

テーマはライフサイクルの中の『中年期の危機』。

そろそろ自分も身につまされるお年頃ですが、
危機をどう乗り越えるかは普遍的で切実なテーマ
でもありますよね~!
どっかのチームの監督にも聴いてもらいたいなぁ…
と思ったり(笑)。

講師は、ご自身も色々な転機を経験してきたという大正大学の廣川先生。
ラファを可愛らしくしたような風貌と、穏やかな語り口の先生でした。

中年期は色んな意味で変わり目の時期、その変化とともに多様な問題が
複雑に絡みあい、重層的になって現れます。

社会的には仕事上の地位や役割の変化、転勤、失業、転職など。
昨今の経済状況や雇用環境がさらに問題をややこしくしています。

家庭内では子供の成長や自立、あるいは不登校や引きこもり、
夫婦関係の変化や葛藤、さらには老親の介護や看とりの問題にも
直面するように。

そして、身体面でも、加齢に伴い体力も低下、
若い頃の頑張りはきかなくなり、
否応なしに人生の秋と老いを実感せざるを得なくなります。

それまで棚上げにしていた課題が一挙に噴出してくる時期であり、

大きな節目だからこそ、変化と成長への転機にもなり得る
時期なのです。


そうした状況にあるクライアントさんを援助するためには、
カウンセラー側も、既存の、狭い範囲の考えや方法に
囚われていたら対応出来ない。

色んな考え方やアプローチを幅広く取り入れたうえで、
ケースを複数の視点から統合的に捉えたり、
状況に応じて色々なアプローチを
柔軟に使いわけられる必要がある…

というお話しだったのですが、これって監督さんが試合に臨む姿勢にも
共通しているようにも思えました。

そして言うのは簡単なんだけど、
実践するのは至難のワザだ~!


今盛んに統合的アプローチの重要性が言われているけど、
それだけクライアントさんの問題やニーズも多様化、複雑化してて、
統合の視点がなければ対応しきれなくなっているのでしょう。

またまた課題を突き付けられた感はありましたが、
実に刺激的な講演会でした。

そしてその帰り、大先輩のM先生から、日頃のお手伝いのお礼にと、
分厚いアセスメントの本をドーンといただいてしまいました!

この仕事で身を立てるためには一度は目を通しておくべき名著…
なんですが、400ページを読み通せるのか、
読んで頭に入るのか…?
これってやっぱり先生の代わりに読んでまとめてよ、ってことだよね。

頼りにして下さるのは嬉しいけど、果たして私に応える力が
あるんでしょうか…トホホ
他にも読まなきなきゃいけない本が山積みだし…。

そんなこんなで、宿題が山積する毎日、
頭痛に悩まされることが多くて、
家ではパソコンを控えていました。
更新もレスも滞りがちになり、ほんとにスミマセンでしたm(_ _)m。

私の低空飛行と同期するかのように、チームも不調でしたね…。
やることなすこと裏目に出て、イヤなサイクルから
なかなか脱けられない。
マンユー戦以外いいことナシだったこの1か月、
せめて厄を落としきったと信じたいものです!

練習風景ラファ&キャラ

そろそろギアチェンジしてくださいよ!
別窓 | お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| さいころトーク |