さいころトーク

精神科病院で働く臨床心理士、自称サイコロのお姉さんです。日々の臨床で感じたことや、大好きなサッカー、音楽についてあれこれ綴っていきます。

京都・大阪駆け足ツアー その1

先週の土日、お休みを取って、大阪で開催された研修会に
参加してきました。
遠出するのが昨年の5月以来なら、関西に行くのは実に4年半ぶり。
いかに引きこもっているかがわかりますね~。

せっかくの機会なんで、研修会の合間を縫って友だちに会ったり、
関西ならではの美味しいものを食べに行ったり、
スポーツカフェでMerseyside Derbyを観戦したりして
ダービーを観たりして、羽根を伸ばしてきました。

普段、難しい状況にある患者さんとそのご家族に接することが多いためか、
自分のやりたいことをやったり、自由な時間を楽しむことに、
いつも後ろめたさを感じていました。

私だけがこんなコトをしていていいのか…?
もっと患者さんのために時間をさいてあげるべきなんじゃないか?


今回も、初めはそんな気分を引きずっていて、
オフなのにぎこちなかったのです。

東京を出たときは青空が広がる絶好のお出掛け日和。
車窓からは快晴の富士山が。

富士山

ところが名古屋辺りから雪がチラつき始め、
関ヶ原付近は一面の雪景色。

雪景色

トンネルを抜けるたびに風景は一変。積もった雪はなくなり、
青空も見えるのですが、細かな雪は舞っていました。
京都に着いたときも、晴れて日がさしているのに雪がチラついています。
ここで新幹線を降りて、四条河原町に向かいました。

20年くらい前晩秋の京都を訪ねたとき、町屋風のお店で食べた
蕪蒸しの味が忘れられなくて、また味わってみたくなったのです。

この日の京都は冷蔵庫みたいな寒さ。
烏丸から河原町まで一駅歩いたら冷えきってしまいました。
以前のお店は手掛かりがなかったため、ネットで探したお店を訪ねました。
四条河原町に近い『三栄』という昭和9年創業のお店です。
割烹 三栄

三栄にて

私が頼んだかぶら蒸し御前は、菜の花のおひたし、お造り、ゆばと野菜の炊き合わせ、
天ぷら、蕪蒸し、お寿司にデザートのコースでした。

京野菜の炊き合わせ。
ふきを口に含むと春めいた香りが。
ゆばは柔らかすぎず、硬すぎずの微妙な味わいでした。

ゆば

かぶら蒸し
お出汁をきかせたあつあつのあんに包まれた蕪蒸し。芯から温まる感じです。
今日これを味わうために来た甲斐がありました!

かぶら蒸しJPG

巻き寿司。
散らしを包んでいる卵のふわっとした食感も絶妙!

おすし

デザートはゆりねのムース。
不思議な口あたりのよさと控えめな甘さ。これも美味しかった~!

ゆりねのムース

食事を終えてお店を出ると、しだいに雪がひどくなってきました。
鴨川を越えた南座のあたりで、視界が霞むくらいの降りに。

南座前

ここで地下に降り京阪電車に乗って、東福寺へ向かいました。
駅を出ると、ほんの数駅の距離なのに、うそのように晴れています。
それでも小雪はちらついていました。

青空

京都五山の一つ、鎌倉時代に開かれた東福寺。
25もの寺院を有する都でも屈指のお寺ですが、
一番有名なのは『そうだ、京都いこう』のCMでおなじみの
通天橋からの紅葉の眺めでしょうね。

渓谷・洗玉澗

新緑や紅葉シーズンのような華はないですが、
かすかに春の兆しが感じられました。

通天橋

通天橋を中から見たところ。

通天橋の内側

ちょうどこの橋を渡っているとき、向こう側からどこかで見たような人が…
なんとビックリ!
大学時代のサークルの友人でした!
彼は今関西に単身赴任中で、東京から来た家族と一緒に、
泉湧寺などを回っていたそうです。
Policeのライブを観にいったという息子さんも一緒でした。
こんな偶然ってあるんですね~。

通天橋を渡って、善門院、開山堂へ。
ここは奥まった一角にあり、木々を揺らす風の音しか聞こえません。
幾何学模様の庭を眺めながら、しばしほっと一息。

善門院

通天橋を渡って方丈庭園へ。
ここも不思議模様の世界でした。

方丈庭園


石の庭JPG

不思議模様の世界

方丈からの通天橋の眺め

方丈から通天橋

このお庭に見入っているうちについつい時間を過ごしてしまい、
東福寺を出たのは3時を過ぎてから。
夕方、マイミクのYさんと待ち合わせているので、
大阪まで移動しなくてはなりません。
京都まで1駅と思って油断してたら、予想外に電車の間隔があいていました。
東京と同じ感覚でいると失敗しますね。

京都へ戻り、新快速で一路大阪へ。30分ほどで大阪に到着です。
梅田に着いたときも雪がチラついていました。
大阪も冷蔵庫みたい。
ホテルに荷物を置いて、慌しく待ち合わせの場所へ向かいました。

私の時間の読みが甘かったばかりに大幅に遅刻、
普通なら大ヒンシュクですが、大目にみてくれたYさん。
ホントに申し訳なかったです。。。

大阪らしいものが食べたいという私のリクエストで、
難波へ案内してもらいました。

難波駅

『カープ東京支店』の広島焼きに感動した私は、大阪でもぜひお好み焼きを
食べてみたいと思っていたのです。
向かった先は、心斎橋筋にある『ぼてじゅう』。
東京でも見かけるお店ですが、大きくて厚めの鉄板で焼いてもらうお好み焼きは、
焼きあがりの感じが全然違っていました。

Yさんは『豚モダン』というのを頼んでいました。
モダン焼き?
え?何それ??な感じでしょ。
モダン焼きというのは、生地の間に焼きソバをサンドした、
広島焼きの大阪バージョンみたいな感じです。
(いやこっちがオリジナルや!といわれそうですが)

まず下の生地を焼くところから、ソバを載せて、
上の生地を重ね、両面をこんがり焼き上げるまで、
すべてお店のおっちゃんがやってくれるので、
私たちはただ待つだけ。
生地も厚ければソバも太めで、かなりのボリューム!

あとはタップリソースとおかかをかけていただきます♪

豚モダン2

このお店にはなんと4種類ものソースが常備してありました!
オリジナルソースのほかに、甘口、中辛、ピリ辛と揃っているのです。
この全部を使って、味のバリエーションを楽しみながら食すのが、
Yさん流の食べ方?のようです。
ソースもマヨもおかかもタップリかけるのがいいんですって。

そして、もう一つ驚いたのは、お好み焼きの食べ方。
私たちはたいがい、全体を4つに切り分けて、一つずつ片付けますよね?
これが、違うんです!
関西の人は切り分けずに、端から一口ずつ、ヘラで食べるそうです。
これにはビックリでした。
私には『ヘラで食べる』という発想はありませんでしたね~。
いや~、ちょっとしたカルチャーショックでした!

お好み焼きの食べ方

この前のカープのときのように、ヘラで4等分しようとしていたら、
『切るのヘタやな~!』といわれてしまいました。
確かにぎこちなかったよな。。。

Yさんは大阪近郊でスタジオを経営するかたわら、
音楽専門学校の先生もしています。
私から見ると、好きな音楽をなりわいにして、ライブの機会を提供したり、
人を育てたり…というのはとてもやりがいのある仕事のように思えます。
その渦中にあると、しんどいこともあるようですが、
そういうもろもろを超えて、
人を幸せにしたり、動かしたりするチカラが
音楽にはあるんだろうな~、なんて思ったりして。

自分で音を出して、それがどんどん形になっていく面白さを
熱く語ってくれたYさん。
私もぜひそういうトキメキを体験してみたい。でも時間が問題かな~。

忙しい時間を縫って大阪まで出てきてくださったYさん、
ステキな時間をありがとうございました!!

というわけで、旅は第二章へ続きます。
スポンサーサイト
別窓 | おいしいもの | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

ステラ@カレーマニア

ムシャクシャすると、どうしたワケか辛いものが食べたくなります。

先週、軒並み患者さんが調子を崩し、ドン詰まった日、
こりゃ~、考えててもあかんわ、旨い物でも食いに行こうと、
さっさと職場を後にしました。

東京駅方面に出る用事があったので、ついでに神田駅近くの
広島焼き店の店、『カープ東京支店』の様子を見に行ってみました。
先日とは違って週末の夜ですから、着いたときには長蛇の列!
相変わらずの超人気ぶりです。
今回は並ぶのは諦めて、別のエリアに移動しました。

たまちゃんのGXR日記を見てから、都路里のお店に
行ってみたくなっことを思い出しました!
汐留シオサイトに店舗を構える都路里の茶寮は、
割と遅い時間まで開いていた記憶があったハズ。。。
足を伸ばしてみることにしました。

都路里の前に、タイやベトナムなどのアジアンなダイニングカフェを
見つけて、腹ごしらえ。

カフェダイニング インドシナ

まずはベトナムのビールで仕事の疲れを癒します。
アッサリした口当たりで飲みやすかった。

ベトナムのビール

この日、イライラを治めたかった私は、
グリーンカレーを頼みました。

グリーンカレー

店のオネエチャンには
『いや~、そんなに辛くないです~!』と太鼓判を押されて、
いざ口に運んでみたら、やっぱりじわ~っとくるじゃん!
凄く辛いわけではないけど、最初の甘い口当たりのあとで、
ジワジワとスパイスの辛さが沁みてくる感じでした。

グリーンカレー2

でも、たっぷりのチキンとお野菜が入っていて、
ヘルシーで美味しかったです!

その後は目指す都路里へGO!

茶寮 都路里

平日の夜だったので、行列するほどではないけど、
店内はほぼ満席。
私の隣の席には、中国人観光客と思しき4人組が陣取り、
にぎやかにお喋りしながら、写メールを撮りあいっこしながら、
スイーツ三昧していました。

私も負けじと、『翠玉パフェ』に挑戦!

抹茶とほうじ茶のゼリー、抹茶アイス、小豆、白玉の
コンビネーションの上に、ふんわり抹茶の生クリーム。
ひかえめな甘さで美味しかったです。

都路里の抹茶スイーツ

美味しいものを食べて、元気をつけて、
また明日からガンバラナクッチャ!!
別窓 | おいしいもの | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
| さいころトーク |